ホーム >> リフティング工法 >> 圧入ケーソン工法

圧入ケーソン工法

VSL工法用ジャッキ(1700〜5000KN)により、ケーソンを圧入、設置する工法です。
圧入は自動制御ですので確実かつ安全な設置が行えます。

  • VSL圧入ケーソン工法に使用するPC鋼より線は、PC鋼棒より引張強度が高く、鋼線本数の増減により、小容量から大容量の圧入に自由に対応可能で、特に大容量の圧入には最も適しています。
  • 圧入ケーソン工法は、圧入力を用いて、ケーソン沈下・姿勢制御を人為的にコントロール出来る優れた工法です。(沈設精度1/500〜1/1000)
  • 圧入ケーソン工法は、先行圧入が可能で、盤膨れ、地盤変位の抑制などの周辺地盤の変位が防止できます。
  • VSL圧入ケーソン工法とは、荷重不足を補う圧入では無く、初期沈設から積極的に圧入荷重を利用して沈設する工法で、所定深度まで確実に沈設可能です。
  • VSL自動制御圧入ケーソン工法はケーソンの姿勢を自動でコントロールすることが出来、圧入時の姿勢及び沈下量をリアルタイムに監視できるシステムです。
  • VSL圧入ケーソン工法はケーソンの急激な沈下に対しても、PC鋼より線が自由に追従する為安全です。
  • VSL JAPANでは、全自動制御装置、ジャッキ等の圧入装置のリースを行っています。

Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは「Get Adobe Reader」ボタンをクリックして入手できます。

Get Adobe Reader

 
   プレストレストコンクリート
 
資料請求 お問合せ VSL協会 ヘッドバー工法協会