ホーム >> 会社概要 >> ご挨拶

ご挨拶

ブイ・エス・エル・ジャパン株式会社は、日本におけるVSL工法の独占的実施権を有し、国内でのVSL工法の統括管理、普及拡大を主たる目的として設立された会社です。
VSL工法はスイスのロージンガー社の開発によるもので、わが国には1968年に技術導入されて以来約45年の歴史を持ち、PC鋼より線を用いるポストテンション工法、アンカー工法、リフティング工法、圧入ケーソン工法として、その安全性、経済性が高く評価されています。
現在、世界の主要35カ国余の現地法人を中心に、PC橋梁、PCタンク、大スパン建築物、グラウンドアンカー等各種の土木建築構造物や原子力施設などに適用されているPC技術の代表的工法です。

一方弊社は多様化する社会のニーズに応えるべく、複雑なせん断補強鉄筋と柱梁接合部の主筋定着部の組立作業能率を大幅にアップする「ヘッドバー」、既設RC構造物の画期的耐震補強工法である「ポストヘッドバー」、鋼材に匹敵する強度を有する超高強度繊維補強コンクリート「ダクタル」を用いたPC技術など、次世代の社会資本整備に大きく貢献する技術、材料を提供しています。

今後とも役職員一丸となり、VSL工法の普及発展、新規技術の提供を通じて豊かな社会の建設に貢献するため、努力してゆく所存でございますので、一層のお引き立てとご指導を賜りますよう、切にお願い申し上げます。


 

Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは「Get Adobe Reader」ボタンをクリックして入手できます。

Get Adobe Reader

 
  

 
資料請求 お問合せ VSL協会 ヘッドバー工法協会