ホーム >> アンカー工法 >> VSL仮設アンカー工法(ランクB)(残置式)

VSL仮設アンカー工法(ランクB)(残置式)

VSL工法の緊張システムを用いたグラウンドアンカー工法です。

  • VSL仮設アンカー工法(ランクB)(残置式)は仮設アンカー工法のうち、アンカーとしての役割が終わった後も撤去せずそのまま地中に残す 簡易防食の摩擦引張型アンカーです。
  • VSL仮設アンカー工法(ランクB)(残置式)は山留め、ケーブルクレーン基礎、圧入ケーソンなどに利用されます。
  • VSL仮設アンカー工法(ランクB)(残置式)の自由長部の防錆方法は、PC鋼より線を一括して防錆油とシースで被覆する塗布タイプと鋼線1本づつ防錆油とアンボンドチューブで被覆するアンボンドタイプの2種があります。
  • アンボンドタイプの方が削孔径を小さくすることが出来る場合が多いです。
  • VSL仮設アンカー工法(ランクB)(残置式)は許容引張力を2,036kNまで、任意に対応できます。

Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは「Get Adobe Reader」ボタンをクリックして入手できます。

Get Adobe Reader

 
   プレストレストコンクリート
 
資料請求 お問合せ VSL協会 ヘッドバー工法協会